齋藤恵里奈は東京都多摩市出身でアメリカ在住のピアニスト。繊細な音色で、アメリカをはじめ、日本、イタリア, スイスでの演奏活動を経験している。2014年より北カリフォニアのシエラカレッジで兼任教授としてピアノと音楽理論の講義を行っている。又、2019年にはカリフォルニア州立大学サクラメント校でも教鞭を執る。2019年より、オルフェオ国際音楽祭で出演アーティスト及び講師として参加する。又、2014年より数々の音楽コンクールの審査員も行う。

ソリストとしてサクラメントステート・サマーシンフォニーとシエラカレッジ・ウィンドシンフォニーとグリーグのピアノ協奏曲で共演。又、シエラカレッジ・ウィンドシンフォニーとはガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルーでも共演する。室内楽でもフェスティバルオブニューアメリカンミュージック(FeNam)において、コンテンポラリー音楽アンサンブルのCitywaterと共演する。同年、スイスでタリス国際音楽祭で室内楽のコンサートをヨーロッパで活躍中の音楽家と共演。カリフォルニア州立大学サクラメント音楽大学のコンチェルトコンペティションで優勝し、翌年に同大学のオーケストラと共演。又、室内楽のコンクールでも1位を受賞。同大学で開催されるFeNamのパフォーマーズコンペティションでは2年間連続で1位受賞。他にもサタデークラブ奨学金受賞など、他にも数々の奨学金を支給される。幼少期から数々の作曲コンクールの入賞経験がある。また、後進の指導にも熱心に当たっている。

​美味しい食べ物や飲み物が大好きで、世界各地で食を楽しむことが趣味。特にシャンパンやプロセッコなどのスパークリングワインが好き。又、散歩をしたりハイキングやジョギングなどの体を動かすことや、ガーデニングも趣味で楽しんでいる。

 

promo photos 3.jpeg